FC2ブログ
DSC00199.jpg


パソコンには大きく2種類ある。
Apple社のマッキントッシュ(Mac)と、
Microsoft社のウィンドウズ(Win)。

なぜグラフィックデザイナーは、Macを選ぶのか?
パソコン世界No.1シェアはウィンドウズなのに、なぜMacなのか?
こういう質問をたまに聞かれますね。



[ それは業界の絶対ルール ]

グラフィックデザイン業界と印刷業界全体が、
コンピューターを導入し始めた時にMacを選んだからです。

なぜ、その業界がMacを選んだか。

・グラフィカルな表現が、Macのほうが優秀だった。

・良いデザインソフトがあった。(昔は、IllustratorやPhotoshopはMacにしかなかった)

・パソコンと印刷機との連動が実現しやすかった(“PostScript”という印刷システム)


そして今もグラフィックデザイナーがデザインを学ぶ時にもMacが主流なので、
その後もMacを使い続けるということになります。

今でこそウィンドウズでソフトも充実し、互換性も良くなって
印刷屋も対応するようになりましたが、昔は印刷屋で対応出来ませんでした。
そしてウィンドウズのほうがコストが安いのでウィンドウズを揃える会社も増えてきましたね。
映像や3D系のソフトは昔からウィンドウズのほうが先行してます。
これはパソコン処理にパワーを使うので、増設の幅が大きいウィンドウズが有利と言えます。


[ Macは美しい ]

個人的な意見ですが、今現在でもMacが指示される理由としては、
パソコン本体のデザイン性、それにともなったOS(パソコンのシステム)の美しさだと思います。
「デザイン」に対してのApple社の美意識の高さに、いまでもデザイナーのファンは多いです。

完全に批判になりますが、ウィンドウズは表示フォント(文字)が汚いんです。
ネットでYahoo!のトップ画面を見るとわかりやすい。

↓マッキントッシュ

Mac_フォント比較


↓ウィンドウズ

Win_フォント比較

ね。文字が読みにくいでしょ?ガタガタ。まるで文字化け。

OSはWindows 7です。
このパソコンが発展した先進的現代においてもこの汚さ。
これはWinが標準搭載しているフォントで「MSPゴシック」というのが使われてるんですが、これが汚い!
システム設定で変えられるけど、標準がこれってありえない!と思うわけですよ。

なのでこのブログも、Macとウィンドウズでは見え方が違ってきます。
一般の人にとってはさほど気にならないかもしれませんが、デザイナーとしては嫌ですね。

Windows 8はどうなのかはわからないけど、
いいかげん改善されてることを祈っておりまする。


 
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)



ホテルニューオータニ幕張の駐車場。



進行方向に対して斜めに白線を引いてある。
これはいいデザインだなと思った。
バックで止めるならこのほうが車を停めやすい。
普通は、左の方みたいに通路に対して真横に白線が引いてある。


こういう、「これでいい。もうデザインの余地がない」と思われてたものをデザインし直す。
これぞ「Re・Design(リ・デザイン)」! 素晴らしい。



横断歩道のデザインもいいよね。

昔はタテ線があったんですよ↓

横断歩道1



いつからかタテ線が無くなってシマシマだけに。
水はけが良くなって、コストと手間も削減。

横断歩道3


どっかの誰かがリ・デザインしたんだろうけど、もっと評価されていいんじゃないかと。



自分もこういうリ・デザインをやりたいけど、
すぐには思いつかない、この凡才っぷりが腹ただしい…。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |