FC2ブログ

こんばんは。
常々、オシャレ生活を送りたいと考えてる薄っぺらい男、佐々木です。


あ…、家でサングリアや果実酒を作ってるとかオシャレじゃね?


なんてことを思い、さっそく果実酒を作ってみる。





ゴロンゴロンした果実の瓶詰め的な。
カヒミ・カリィや小沢健二が似合う感じで。

今回は3種類。冬の旬の果物で。
レモン、ポンカン、イチゴ。

果実 1Kg
氷砂糖 200g
お酒 ホワイトリカー 1.8L

は多いので、全部3分の1の分量で。


味見は1ヶ月後。
だが、ぶっちゃけ味なんてものはどうでもいい。
まずくてもいい。


この「果実酒を作ってる私」が大事。

そう、オシャレとは生き方。それはスタイル!








「すげー薄っぺらい」なんてツッコミは受け付けません(笑)




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ガラケーを持っている知り合いのデザイナーが、
スマホに変えたいと言ってたんで、

「やっぱりクリエイターだったらiPhoneでしょ。
時代の最先端を手にいれないとね」

なんてことを語ったが、
うちのテレビがいまだにブラウン管なのは内緒の話。



ブラウン管


肉厚だけど、丈夫で長持ち。
あら、ポルコのコンセプトにも通じるわ。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

I LOVE クラフト紙

2014/02/14 Fri




おはこんばんちは。ササキです。


デザイナーは紙にこだわる。色はもちろん、厚みや手触り。

いま、クラフト紙にハマってます。
あの茶色がいい。温かみがある紙の雰囲気。

なので開業お知らせのポストカードは、
クラフト紙のテクスチャを使ったデザインに。
豚のロゴマークと合わせると、なんだか美味しそうでしょ?(笑)

封筒もクラフト紙に印刷。
今、名刺もクラフト紙で刷ろうかと計画中。


コンビニで打ってる茶封筒じゃダメよ。
色の濃いやつ。質感が大事。

茶



クラフト紙のデザインを見るとつい目がいってしまう。
キルフェボンの紙袋とかいいね。あらヤダッ、かわいい!






普通の紙より丈夫なクラフト紙。
ダンボールや紙袋、米袋など強度が求められる場合に使われますね。

なぜ茶色なのか知ってます?

基本的に紙は白い(洋紙の話)。
木材パルプが原料なのに色が白いのはなぜ?

実は普通の紙って漂白してるんですよ。白さを出すために。
でも、紙の強度を落とさないために漂白処理をしないのがクラフト紙。
だからあの茶色は本来の紙そのものの色、木の色だったんです。
(製法によって違いがあるかもしれないですが)

なんだか、天然素材のようでステキじゃない?
ナチュラルインテリアやDIYが好きな自分としてはたまらんです。


クラフト紙でジャケット作って、
それで仕事の打ち合わせに出るなんてどうだろうか?(笑)



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

名前の由来。

2014/02/07 Fri



デザインオフィス PORCO 設立。
知り合いのデザイナーに「なぜに、豚肉?」
ってツッコまれた(笑)


ふふふ、まんまと引っかかったな。それも計算の内よ。
気になったでしょ?
恋も仕事も、「?」と「!」が大事なのよ。



PORCOはイタリア語で豚。

・豚は裕福と繁栄の象徴。
・幸運の豚。

関わった人に豊かさと幸運に恵まれるようにと。
そんでもって、豚にあやかって「シンプルで強い、厚みのあるデザイン」を。

というのが、ポルコのコンセプトですが、
でも、他にも意味があります。


豚は「肥満」「汚い」といった悪い意味で使われますが、
実際の豚はどうでしょう?

・体脂肪は14%〜18%。
・キレイ好きで、排泄をする場所はエサ場や寝床から離れた決まった一所に決める習性がある。

他にも、
・頭も良くて、知能は犬以上とも。芸も覚え、自分の名前も認知する。
・元がイノシシなので、力強い。
・嗅覚も優れている。
・栄養満点。
・肉、革、脂肪、骨、使えないのは「鳴き声だけ」と言われるほど、豚の利用箇所は多い。

なんてことを聞くと、豚の印象が変わってきませんか?





以前、豚のイラストを描く仕事で調べるまで、僕もよく知らなかったんです。
それ以来、豚が気に入ってて。

デザインの仕事をする上で「本質を見極める」というのが大事になってきます。
なので、知られていない部分をもちゃんと掘り下げる意味も込めて、
豚をモチーフにしようと思いました。



あとは、毛がモフモフだったら言うことないんですけどねー(笑)



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ようやく。

2014/02/03 Mon

IMG_2646.jpg


どうも。
グラフィックデザイナーのササキです。


デザイン会社を辞めてからフリーランスで6年ほど過ごし、
今年、デザインオフィス “PORCO” を立ち上げました。

フリーランスを始めたばかりの時は、まったく仕事がなくて、
派遣の仕事をやって食いつないでましたが、
いまは本業のみで生活でき、こうして屋号を掲げることにあたって、
自分の中で感慨深いものを感じております。


このブログでは、仕事についてや、
いま興味のあることなどを話していけたらと思います。

ゆるく、なま温かく見守ってください。


PORCO ササキ


↓デザインオフィスPORCOのホームページはこちら
http://www.porco-boo.com



 
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |